ナンパ×ミーハー日記

趣味はナンパとミーハー。ただのミーハーではなく、ナンパが得意なスーパーミーハーになるために、最新の活動状況と最新のミーハー情報をお届けする。

銀座のスカウト会社はどこがいい?

銀座のスカウト会社はたくさんありますが、まともなところは少ないので外れを引かないようにすれば問題ありません。笑

 

まず、街頭に立っているスカウトマンは論外です。条例違反だし、お店のスカウトマンは自分のお店の都合の良いことしか言わないので。

 

あとは有料職業紹介を取っているかどうかですね。これを取らないと基本的に人を店舗に紹介できません。取ってるところであれば大体名刺とかに書いてありますね。

 

銀座スカウト会社は個人的には銀座スカウトドットコムをオススメします。とにかくヒアリングが丁寧で一人一人の希望にきちんと向き合ってくれます。お店を探している方は一回相談してみるとよいですよ。

池袋のセクキャバに行ってきた

今日は久々にブログを書くがなんともゲスな話題になってしまうことをご了承いただきたい。

 

先日、池袋に飲みに行くことになり、飲みに行った後に友達とセクキャバに行くことになった。セクキャバとは別名おっパブとも言うらしいが、ようは普通のキャバクラにお触りとキスの許可が得られたような風俗店のことである。

池袋や大宮に多く、噂には聞いていたがそういうお店とは縁が無かったのであまり気にしていなかったが、お酒が入っていたことも有り、セクキャバに行くことになった。

 

自分はセクキャバにもおっパブにもキャバクラにも行ったことがなかったので完全に友達任せ。とりあえず口コミがよくセット料金がそこまで高くないところを選んでもらい、二人で行くことに。

 

セクキャバのデビュー戦は、池袋の中でも老舗のエマニエルというおっパブだった。セット料金は初回ということもあり、40分で6,000円という破格設定。早速ドリンクを頼むやいなや一人目の女の子が付いた。

 

「かわいい・・・!」

 

自分はナンパするとき基本的にあまり選別はしない主義なので、割とどんなこでもいける。しかし付いた女の子はなかなかのレベルだった。下手すればナンパするときに躊躇してしまうレベル。こんな安い料金でこんな可愛い子が付くんだ、と感心してしまった。

 

「いつもどの辺で飲んでるんですかあ~?」

 

なれなれしく話しかけてきてくれたので、こういうお店ではあまり普段飲まないことを説明。

 

「うそ~♪絶対ウソだよ~♪」

 

いや、ほんとです。

 

ここから適当な会話のキャッチボールを何回か始まり、次の台詞でびんびんになりそうになった。

 

「おっぱいの大きい子って好き~?」

確かに付いたときから気にはなっていたが、かなりのパイオツカイデーである。ざっと5番目。

 

「まあ好きだよ。触っていい?」

 

そうだ、ここはお触りOKなセクキャバだ。触らなければ損する。

 

「モミモミ」

 

「気持ちいい・・・」

 

多分演技だが、セクシーな声が漏れていた。すごいなセクキャバは。こんなことが許されるのか。ナンパなんてしてる場合じゃない。下手したらプライベートでも会えるんだろうか。

色々なことが脳裏をよぎった。

 

この日は夜予定があったので、名刺をもらってフィニッシュ。しかしセクキャバは意外と楽しい。もしかしたらまた行ってしまうかもしれない。でもナンパで結果が出てないからもっとナンパ頑張らないと。

 

そんな感じです。

 

 

風評被害にお悩みの会社様へ

ここ最近、ネット上の風評被害が問題になっています。

 

例えば、口コミサイトで「あの会社はブラックだ!パワハラが多い!」などと書き込まれたり、昔の不祥事の紹介記事がいつまでも検索結果に残っていたり。このようなサイトが存在するだけで、少なからず機会損失となるのは明らかでしょう。

 

最近は、風評被害対策、誹謗中傷対策を事業する会社も増えてきました。風評被害対策とは、このようなネガティブなサイトを極力、消費者やクライアントの目につかないようにSEOを逆手に取った逆SEOという手法で対策を行うことです。

 

また、最近ではサジェスト対策も話題を集めています。サジェストとは、googleYahoo!で何か検索を行う際に、入力途中でキーワード候補を示してくれる機能のことで、人がよく検索するキーワードがピックアップされる仕組みになっています。つまり悪評が立つとみんなそのワードで検索するので、必然的にサジェストの部分にネガティブなワードが表示されてしまいます。これをサジェスト汚染と言ったりもします。

 

このような自体を避けるために、先ほどの逆SEOとやり方は違いますが、このサジェスト部分を操作する手法も研究され、多くのSEO会社が対策を行っています。

 

検索エンジン側からすると、検索結果を人的操作されるのを好みません。実際にSEOのいブラックハットなどはペナルティを食らうことがよくあります。

しかし、かといって風評被害にさらされているのを黙ってみているほど悠長なことはしてられません。実際に悩んでいる会社様は多いです。

 

もし、風評被害に悩まれている会社様がいらっしゃいましたら、風評被害対策クリーニング実績no1の実績を誇るLuminage社へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

副業にはこのサイトがオススメ!

副業が空前のブームとなっています。様々なタイプの副業がありますが、あらゆる副業をわかりやすく紹介しているのがこのサイトです!

 

http://ginza.mints.ne.jp

 

このサイトは最新の副業情報が全て無料で手に入ります。

 

是非是非見てくださいね♪

ナンパ×ミーハー日記〜MUSE11回戦目〜

昨日は外れだったな、、

 

いつも通り0時頃にMUSEへ。

 

人の数はいつも通りだったが、質がいまいち。

 

高偏差値は海外旅行中なのかね。

 

まあ最終的に中上クラスを、おきまりのソファーに連れだしてベロチュウ&パイの実させてもらいましたが、友だちグダで即ならず。

 

同じロッカーに荷物を入れてるグダを崩せる方法があったら5000円までなら買いたい。笑

 

これから実家に帰省するのでGW中の活動は昨日にて終了。

 

ナンパしたくなるんだろうな、、

 

来週はいよいよGRAND OPENとなるBRAND TOKYOへ参戦予定。

 

alifeのような活気が戻るのかどうか注目ですね。

 

ナンパ師の皆さん、よきGWを!

 

クラブナンパ師必見!

http://clubnanpa.com

ナンパ×ミーハー日記〜女の子のニーズを理解する〜

今回は備忘録として書き留めようと思う。

 

先日、<a href="http://ameblo.jp/hirohirohirohiro66/entry-11520452252.html" target="_blank">歌舞伎でストナンして即った子</a>のことを書いたが、完全に攻め方をミスった。

 

きちんと相手のニーズを理解していなかった。

 

簡単にかいつまんで話すと、女の子には彼氏がいるのだが、彼氏がEDでせっくちゅができず、不満を覚えていた。

 

そこでおれと出会って事を終えたのだが、彼女のことを気に入ってしまい、彼女になるよう執拗にアプローチしてしまった。

 

これがそもそもまずかった。

 

なぜなら、彼女はこう考えているから。

 

彼氏のことは大好きだけど、せっくちゅができない。

 

せっくちゅ相手と彼氏は別。

 

はっきりそういっていたので、間違いない。

 

彼女はせっくちゅがしたいだけなのだが、そこを自分は理解しておらず、彼氏のポジションになろうと食い下がってしまった。

 

彼女にとって彼氏の候補など不要なのにだ。

 

もう既に大好きな彼氏がいるから。

 

クールにいつでも遊んでやるよといった体で接していれば、ワンナイトで終わることもなかったかもしれない。

 

もったいないことをした。

 

女の子のニーズは何か。

 

女の子にとってどういう存在が必要なのか。

 

よく考えないと。

 

と、備忘録はここまでにして、

 

クラブナンパラボ。

 

クラブナンパが好きな方はぜひご覧頂けると幸いです。

 

<a href="http://clubnanpa.com" target="_blank">クラブナンパラボはこちら</a>

 

明日は連休前の平日。

 

もちろんMUSEに出陣します。

 

連休は実家に帰ってしまうのでナンパはお休みします。

 

皆さんよいGW後半戦を!

ナンパ×ミーハー日記〜LINEの既読について考察する〜

今日は、ナンパに欠かせないツール、LINEについて考察します。

 

全く興味ないと思いますが、自分は某アプリ企画開発会社で働いてます。

 

そこそこ大きな会社です。

 

なので、アプリとかWebサービスとかに関して、人より詳しいと思ってます。

 

当然LINEについても色々知っています。

 

最近なにかと話題になるのがLINEの「既読」ですね。

 

既読になっているのに、いつまでたっても返事が返ってこない。

 

送って3日たつのに既読にならない。

 

ナンパしていると、こんな悩みにぶつかります。

 

自分だけかもしれませんが。笑

 

この既読は、相手がトークルームに入ってメッセージを確認するとつきます。

 

LINEのメッセージはLINEのサーバーに保存されているので、基本的には、片方が確認すれば相手も自分も既読になります。

 

既読になっているにもかかわらず、返事がないのは、興味を持たれていない可能性が高いです。

 

あきらめましょう。笑

 

しかし、いつまでたっても既読にならないのはいくつかの理由が存在します。

 

①単純に見ていない

②ブロックされている

③何かしらの原因で、読まれているにもかかわらず既読にならない

 

③はまれなケースですが、たまにおこります(サーバーの調子が悪いとか)

 

なので、そういう場合は、もう一通飛ばしてみると返ってくる可能性があります。

 

問題は①と②。

 

①に関しては、今までのメールの感覚だとけっこうあり得ないケースだと自分は思っていました。

 

メールが来ると、未読着信ランプが光り続け、メールのアイコンがいつまでも残り続ける。

 

一昔前の、携帯の仕様ですね。

 

ちなみにAndroidは多くの機種がこの仕様を踏襲しています。

 

iPhoneは、着信ランプやアイコンが表示されない代わりに、バッジと呼ばれる赤い○が残ります。

 

この状態、すごく気持ち悪いですよね。

 

早く見て表示を消したい。

 

多くの人がそう思うと思います。

 

しかし、いざ女の子のLINE画面を見てみると、平気で未読のメッセージがたくさんたまっています。

 

女の子はそこまで気にしていないようです。

 

なので、この場合ももう1通送ってみましょう。

 

たまたま携帯を触っているタイミングに飛ばせれば、メッセージを見てもらえる可能性が高くなります。

 

問題なのは②。

 

これは一昔前なら通話を試してみればわかったのですが、現在は仕様が変わり、通話してもわかりません(通話をして、つなげない旨のメッセージが出る場合は99%ブロックされているとわかりました)

 

なんとかわかる方法はないか。

 

確実ではありませんが、LINE関係のゲームで招待をしてみる方法があります。

 

相手にブロックされている場合、メッセージが届かないので、いつまでたっても既読になりませんが、ゲームの招待メッセージは相手に届けることができます。

 

相手からすると、ブロックしたはずなのになんでこの人からメッセージが届くの?となり、開封するわけですね。

 

そうするとどうなるか。

 

送ったメッセージは既読にならないのに、ゲームの招待メッセージは既読になる。

 

送る側の表示はこうなります。

 

このケースは高確率でブロックされていると言えそうです。

 

あきらめましょう。笑

 

しかしこの既読システム、非常にストレスになりますね。

 

LINEがこの仕様を採用してから、スマともやmixiもこぞって採用しました。

 

ブロックされているかどうかがわからないよう気遣うより、

 

この既読システムをやめるのことが、一番ユーザー想いだということになぜ気づかないのか。

 

余談ですが、

 

名前の先頭に.をつけると友だちリストの上位に表示されるので、相手の目にとまりやすくなります。

 

友だちリストは、記号、番号、英字(小文字)、ひらがな、漢字、記号など、という順番に並んでいるようです。

 

ぜひLINEについて知識を深め、

 

無駄なストレスを取り除きましょう。

 

LINEのお話でした。